東京都23区,小平市,西東京市,小金井市,国分寺市,東久留米市,東村山市,東大和市,埼玉県内の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はカルテットへ

カルテット連載コラム

高耐久塗料について

| コメント(0) |

外壁塗装を行った際に、建物を覆う塗料の種類により外観のイメージは大きく左右されます。
なぜなら、外壁や屋根などは時間とともに劣化の進行が進み、ヒビや亀裂、錆や苔などが
生えることで、建物全体の劣化の寿命を縮め、外観を著しく悪化させてしまうからです。

外壁塗装に使用する塗料の最大の役割は、建物を風や雨、紫外線などの自然条件から
守ることと、外装材の表面塗膜の防水機能の向上をすることが目的となります。
塗料の耐久性は、重要な品質ですから、外壁塗装を行う場合の塗料の選択は大切です。

住宅の塗り替えで使用される塗料の種類は、大きく分類するとアクリル塗料、ウレタン塗料、
シリコン塗料、フッ素塗料の4種類に分類されますが、最近では、遮熱塗料や断熱塗料など、
機能性効果が高い塗料で外壁塗装工事を行う傾向がスタンダードな選択となっております。

高耐久塗料に関してはフッ素樹脂塗料となり、期待耐用年数が15年~20年と最も長く、
主成分のフッ素樹脂は強靭な塗膜を形成し、劣化の進行を抑制させる安定性が抜群です。
その他の機能としては、耐熱性・耐寒性に加えて、低摩擦性、不燃性など数多くの機能が
兼ね備えられております。これまでのフッ素樹脂塗料では、外観が綺麗に仕上がる反面で、
塗装後の雨だれなどがかえって目だってしまうこともありましたが、標準装備の防汚性を
更にパワーアップさせた塗料なども販売させております。フッ素樹脂塗料に関しては、
「塗膜が固いので割れやすい」と心配をされる点がありましたが、建物の動きにある程度、
追従する弾性機能の付与や、施工方法を工夫するなど、改善策を日々構築しています。

高耐久性塗料で塗り替えをした場合、塗料の塗り替え時期の目安は15年~20年後と
なるので、10年目安の定期的な塗り替えのメンテナンスが必要なシリコン樹脂塗料と
比べても、最終的な住まいのライフサイクルコストを大幅に軽減することにつながります。

日本ペイントファイン4Fセラミック


ファイン4FセラミックN-4.jpg

コメントする

  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 省エネ塗装ドットコム省エネ塗装ドットコム
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com

  • シロアリ駆除は東京シロアリ調査隊シロアリ駆除・予防など害虫・害獣駆除は東京シロアリ調査隊

  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

  • 自然災害相談センター自然災害相談センター
0120-416-315
お問い合わせ
資料請求
このページの先頭へ