東京都23区,小平市,西東京市,小金井市,国分寺市,東久留米市,東村山市,東大和市,埼玉県内の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はカルテットへ

カルテット連載コラム

汚れが付きにくい塗料のメカニズム

| コメント(0) |

どうして壁は汚れるのでしょうか。一般的に、外壁の表面を覆う塗膜は油の性質を持っています。
そして汚れの原因になる、ホコリや排気ガスなどの汚染物質も、同じく油の性質となります。
同じ性質の同士は馴染みやすい為、壁面には次々に汚れが付着します。一度、付着した汚れは
落ちにくく、どんどんたまっていきますので築年数が経過すれば壁全体が汚れで目立ちます。
汚れが付きにくい塗料で塗り替えを希望であれば、「超低汚染性」機能を兼ね備えた塗料で、
外壁塗装工事を行えば、汚れが付きにくいので、塗装工事が完了後も、汚れを流して美しさを
長期間キープすることができます。「超低低汚染性」塗料は、水に馴染む性質(親水性)を
持っています。その為、油の性質を持つ汚染物質とは馴染まず、表面に汚れが付いてしまった
場合でも、雨水で自然に洗い流しやすくなります。各塗料メーカーの様々な超低汚染性塗料の
なかでも、日本ペイント販売株式会社から販売されている「スーパーオーデフレッシュ」は、
優れた親水性に加え、汚染物質が定着しにくいような塗膜の硬さ・緻密さとしています。
更に、塗膜の表面が帯電しにくいため、静電気を帯びた汚れも付着しにくくすることにより、
汚れにくい塗膜を形成しているのがスーパーオフレッシュの主な特徴とメカニズムになります。
超低汚染性機能塗料の効果を発揮するは、塗料の種類により異なりますが大半の塗料が、
塗った直後から、素早く安定して超低汚染性効果を発揮することができます。
補足ですが、表面塗膜の硬さを向上させると、塗膜が割れやすくなるデメリットがありますが、
弾性塗材の上塗りにも適用できる塗料は、塗膜がたわむような柔軟性を保持します。
塗膜が割れないからこそ、躯体への保護につながりますのでしなやかな塗膜が理想です。
建物の美観を保持する塗料として、汚れが付きにくい塗料での外壁塗装をお勧め致します。



コメントする

  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 省エネ塗装ドットコム省エネ塗装ドットコム
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com

  • シロアリ駆除は東京シロアリ調査隊シロアリ駆除・予防など害虫・害獣駆除は東京シロアリ調査隊

  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

  • 自然災害相談センター自然災害相談センター
0120-416-315
お問い合わせ
資料請求
このページの先頭へ