東京都23区,小平市,西東京市,小金井市,国分寺市,東久留米市,東村山市,東大和市,埼玉県内の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はカルテットへ

カルテット連載コラム


外部に晒されている屋根は、紫外線・雨・風・雪などの自然災害から
建物を守る大切な役割を果たします。屋根の種類や形は様々ですが、
日本家屋の屋根で代表的な形状が「切妻屋根」で、昔から格式の高い
建物で使われていました。その他、「寄棟」「入母屋」、片流れ屋根や
陸屋根などもよく使用されるようになっております。材質の種類は、
主に瓦、スレート系、金属系、セメント系の4種類に分かれています。

屋根のメンテナンスを行う時期は、スレート屋根、金属屋根の場合では、
10年に一度の塗り直し、30年に一度の葺き替えが基本になっています。
劣化の初期サインは、色褪せや苔や藻の繁殖、割れやズレなどの症状が
発生します。このような不具合を放置しておくと後に雨漏り発生原因にも
つながりますので早期メンテナンスが必要不可欠です。

屋根の工事は、大きな破損箇所や補修などがなければ、足場組んで
工事を行った場合でも、1週間~10日もあれば完成しますが、天候に
大きく左右される作業なので、予め余裕をもった工事期間が必要です。

工事の値段は、屋根材の種類、下地の状態によって変わりますが、
瓦屋根の場合が最も高額で、カバー工法の場合、120万~150万円が
目安となり、金属屋根やスレート屋根は70万~90万円が相場です。

塗り替え工事の場合では、塗料の種類によって金額は大幅に変わりますが、
カバー工法や葺き替えをする時より、半値以下まで値段が削減されます。
工事の期待耐用年数は、葺き替えの場合では30年、塗り替えの場合では、
10年となり、工事の価格に応じてメンテナンスが必要になります。

屋根の工事を行う際の注意点は、雨漏り対策を含めた下地作りが重要です。
点検、補修をしないで、施工をしても不具合が発生しまうので注意しましょう。


屋根塗装  施工前

DSCF2423.JPG
屋根塗装 施工後
西東京市N-452.jpg


  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

日本中央研究所株式会社から販売されているアドグリーンコートは、太陽光高反射・遮熱塗料です。
塗るだけでクールダウンする驚きの省エネ効果を発揮する遮熱塗料の種類は沢山ありますが、
アドグリーンコートは、一般的な遮熱塗料と違い、熱反射だけでなく、排熱性能に優れる建物に
熱だまりを起こしにくく、室内温度の上昇を防いでくれます。アドグリーンコートの機能性効果の
違いは原料にあり、光や熱源を遮断する、世界最高峰の特殊セラミック「アドマファイン」を使用
しています。「アドマファイン」は、株式会社アドマテックス(トヨタベンチャー1号企業)が開発した
特殊セラミックで、高熱伝導・低熱膨張・耐熱向上。その他多くの機能を持ち、コンピューターを
はじめ、電気・電子・自動車。医療など、様々な分野で応用されています。この「アドマファイン」の
排熱性能により、建物の熱だまりを抑え、室内の温度上昇を抑制することができるのです。

夏の暑さをアドグリーンコートを塗ることにより、快適空間を実現した事例をご紹介します。

事例①

戸建住宅 U様

デザイン住宅に住んでいるため、南面に窓が多く、真夏は室内の気温が高くなり、
暑さに困っていましたが、アドグリーンコートを塗装後は、室内が涼しくなりました。
特に驚いたのは、エアコンの設定温度が25℃から27℃でも快適だったことと、
電気代金も20%は軽減されたことです。

工場経営者 W様

夏場はエアコンが効かず、スポットクーラーを使っても暑さはなかなか軽減されず
困っていましたが、アドグリーンコートを塗装後は快適な空間に変わり、作業中にも
汗をあまりかかなくなりました。従業員の労働環境が大幅に改善されたことにより、
生産性もあがりましたし、汗をかかないぶん従業員の作業後の疲労度もだいぶ
軽減されました。更に、工場内の温度も3℃前後軽減されたのも驚いておりますし、
光熱費も削減されたことにも二重の喜びを感じています。

地球温暖化のヒートアイランド対策としても注目されているアドグリーンコートは、
機能性効果の発揮する次世代塗料の代表として、最も注目を集めております。







  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

高耐久塗料について

| コメント(0) |

外壁塗装を行った際に、建物を覆う塗料の種類により外観のイメージは大きく左右されます。
なぜなら、外壁や屋根などは時間とともに劣化の進行が進み、ヒビや亀裂、錆や苔などが
生えることで、建物全体の劣化の寿命を縮め、外観を著しく悪化させてしまうからです。

外壁塗装に使用する塗料の最大の役割は、建物を風や雨、紫外線などの自然条件から
守ることと、外装材の表面塗膜の防水機能の向上をすることが目的となります。
塗料の耐久性は、重要な品質ですから、外壁塗装を行う場合の塗料の選択は大切です。

住宅の塗り替えで使用される塗料の種類は、大きく分類するとアクリル塗料、ウレタン塗料、
シリコン塗料、フッ素塗料の4種類に分類されますが、最近では、遮熱塗料や断熱塗料など、
機能性効果が高い塗料で外壁塗装工事を行う傾向がスタンダードな選択となっております。

高耐久塗料に関してはフッ素樹脂塗料となり、期待耐用年数が15年~20年と最も長く、
主成分のフッ素樹脂は強靭な塗膜を形成し、劣化の進行を抑制させる安定性が抜群です。
その他の機能としては、耐熱性・耐寒性に加えて、低摩擦性、不燃性など数多くの機能が
兼ね備えられております。これまでのフッ素樹脂塗料では、外観が綺麗に仕上がる反面で、
塗装後の雨だれなどがかえって目だってしまうこともありましたが、標準装備の防汚性を
更にパワーアップさせた塗料なども販売させております。フッ素樹脂塗料に関しては、
「塗膜が固いので割れやすい」と心配をされる点がありましたが、建物の動きにある程度、
追従する弾性機能の付与や、施工方法を工夫するなど、改善策を日々構築しています。

高耐久性塗料で塗り替えをした場合、塗料の塗り替え時期の目安は15年~20年後と
なるので、10年目安の定期的な塗り替えのメンテナンスが必要なシリコン樹脂塗料と
比べても、最終的な住まいのライフサイクルコストを大幅に軽減することにつながります。

日本ペイントファイン4Fセラミック


ファイン4FセラミックN-4.jpg
  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

屋根カバー工法について

建物を守る大切な役割をするスレート屋根や金属屋根のメンテナンス方法の一つにカバー工法があります。
カバー工法は、屋根を壊さないため、工期が短く、解体費・廃材処分費などの余分な費用も抑えられます。
また、工事期間中も仮住まいなどの必要はありませんので、葺き替えと比べて、手軽に工事ができます。

建材の種類も様々で、地震に強く、遮熱性、断熱性など、高い機能性を備えている商材ばかりなので、
環境的にも経済的効果にも優れております。但し、カバー工法を行えるのは、屋根の下地が腐食をして
いる場合は、適正な工事を行えませんので、専門業者に診断後、工事の検討をすることをお勧め致します。

カバー工法は屋根が二重になるため、基本的には遮熱性と遮音性が高まりますが、高機能性の
屋根材を選択すれば、格段に効果を上げることが可能です。例えば、断熱機能を兼ね備えた
屋根材を重ねた場合、屋根材の表面温度を20℃前後も軽減することができ、室内への侵入熱の
低下につながります。また、豪雨時の雨音が大幅に軽減されるので、それ程気にならなくなります。

カバー工法についてのメリットをまとめ

・敷き替えより安価で、廃材処理も少なくない
・工期が短く住みながらのリフォーム
・外観のイメージチェンジをすることができる
・遮熱性、遮音性が高まる

下記の施工事例はニチハの屋根建材「パミール」です。
パミールの不具合に関してては、塗装でのメンテナンスをお勧めしておりません。
お施主様のご要望となるカバー工法で工事のご対応をさせて頂きました。


カバー工法

横暖ルーフα [ Kグリーン ]



西東京市NH-450.jpg
西東京市NH-451.jpg
  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

金属屋根は、瓦屋根と比べて、軽量で躯体への負担も少なく、加工性、意匠性に
優れており、戸建住宅の屋根の建材としては、幅広く採用されております。

従来の金属屋根は、亜鉛めっき鋼板(トタン屋根)は、錆が発生しやすく、
雨音が響きやすい、直射日光の熱を吸収しやすいなど、様々なデメリットが
あり、不具合の発生を未然に防ぐ為にも、定期的なメンテナンスが必要でしたが、
それらの問題点に代わる、金属屋根材がガルバ二ウム鋼板です。

ガルバ二ウム鋼板は、これまでの金属屋根材と比べでも、高い防食性と
耐久性を現実し、亜鉛めっき鋼板に比べて3~6倍の耐用年数となるので、
20年ほどは塗り替えなどの必要がありません。 ガルバ二ウム鋼板の
防食性は、酸性雨(雪)に対しても、沿岸地域でも効力が発揮されています。

建材の種類も各メーカーで遮熱、断熱機能を兼ね備えた商材もあるので、
トータルコストを考慮しても、定期的な塗り替えではなく、カバー工法を
選択するエンドユーザーも増えている傾向にあります。

例外のパターンとしては、屋根基材の劣化の進行が著しい場合や、
1回目の塗装で不具合が発生している、塗装ができないパミールなどは、
逆に、カバー工法のご提案がメンテナンスの選択肢となるのです。

カバー工法の設計単価は、㎡6000円~12000円が相場となり、
仮設足場、補修費、その他工事などは別途費用がかかるので、
塗装工事と比べても、3倍~6倍の費用となりますが、施工後の
期待耐用年数=費用対効果と考えれば検討する余地はあります。

ガルバ二ウム鋼板は、さまざまな表情を持つ金属鋼板の屋根として、
今後も注目の外装材として、高い人気を維持するでしょう。

ガルバ二ウム鋼板

金属屋根①.jpg





  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

戸建住宅の外装材として使われているサイディングボードの種類は様々です。
主に「標準」、「高意匠」と金属系」に分類され、それぞれ塗り替え方法も異なります。

標準サイディングボードは、セメントと木質系成分を混合して製造された外装材となり、
セメント系の強度と木質系の断熱性を生かした構造になっております。
このサイディングの塗り替え方法としては、ボードに適した下塗り塗料を選択して、
サイディングを保護する高機能性な上塗り塗料で塗り替えることをお勧め致します。

金属系サイディングボードの表面はアルミ・スチール板で施されております。
ボードの裏側には、ポリウレタンなどの断熱材を入れてた外装材となり、
軽量で施工もしやすく建物への負担が少ない利点が主な特徴となります。
塗り替え方法は、金属サイディング用の下塗り塗料を塗り、金属面が綺麗に
仕上がる高機能性塗料で塗り替えることをお勧め致します。

高意匠性サイディングは、綺麗な模様や柄がついているタイプのもので、
デザイン性に優れています。仕上げは一般的な表面仕上げのタイプや
表層部にガラス質のコーテイングを施した、高耐久性タイプのものがあります。
塗り替え方法は、2パターンに分かれ、高意匠サイディングボードの種類により、
下塗り材を分けて、標準サイディングボードと同様に塗り替える(塗り潰し)か、
既存の模様を活かしたクリヤー仕上げにするかの選択となります。
クリヤー仕上げの場合は、高意匠サイディングボードによって、無機やフッ素、
光触媒などの表面処理が施されているものもありますので注意が必要です。
下地の活性状態によって下塗り(シーラー)の付着性が十分に発揮されない
ケースもあるので、表面処理が施されているかの判断をする必要があります。

このようにサイディングボードの種類は様々です。塗材の選択としての
判断基準をしっかりと行い、適合塗材を選択することをお勧め致します。


サイディングボード種類

標準サイディング

サイディング①.jpg

金属サイディング

サイディング④.jpg高意匠サイディング


サイディング③.jpg
  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

近年の外壁塗装工事では、高日射反射率塗料や断熱塗料による塗り替えが注目されております。
遮熱塗料の出荷量は、年々増えており、この10年間で5倍以上の増加傾向にあります。
屋根に遮熱塗料を塗ると、太陽熱による建物の温度上昇を抑えることができるので、エアコンなど
空調設備のコストダウンに繋がり、省エネルギー対策やヒートアイランド現象の防止となります。

建物の温度は、屋根から伝わる太陽熱の影響を大きく受けます。特に夏季の住宅屋根の表面
温度は、65~80℃近くに上昇しますが、遮熱塗料を塗ることで屋根の表面温度は15~20℃下がり、
屋根裏の温度も3~12℃下がります。遮熱効果を得る事で、快適な室温を保持できることと、
エアコンの使用が抑制できるので、節電・電気代金の節約も可能になります。

遮熱塗料の機能性効果の秘密は、塗料に含まれる特殊セラミックに遮熱反射顔料が含まれ
ているからです。この特殊セラミックが太陽光の赤外線や熱を反射し、散乱することで、
屋根の熱吸収をセーブします。遮熱効果(日射反射率)は、さまざまな屋根色にも対応しており、
白色が約90%と高い数字となり、明るめの色で70~80%、暗い色で40~50%の反射率です。

機能性効果を得ることのできる、遮熱塗料の施工単価は、1平米あたり3000円前後と
比較的安価設定であるのも魅力的です。劣化の進行が早い屋根に遮熱塗料を塗ることで、
表面温度を軽減することになります。表面温度を下げることは、劣化の抑制にもつながり
一石二鳥です。室内の環境改善のためにも、塗装専門店は遮熱塗料をお勧め致します。

quartet-資料HJI-098.jpg



  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

外壁塗装の工事費の支払いを「住宅財形貯蓄を利用することが可能であるか?」の

ご質問を、お施主様から頂くことが多々あります。住宅財形の適用範囲については、

独立行政法人 勤労者退職金共済機構 勤労者財産形成事業本部が定めています。


「財形住宅貯蓄」を非課税で適格に払い出すには、建設・購入・リフォームを行う

住宅や払い出し方法が、法令等で定められた要件を満たしているのが条件となります。

適格払い出しの要件を満たさない場合は、要件外払い出しによる解約となり、
利子等に対しては課税されるとともに、5年間さかのぼって、その間に非課税で
支払われた利子等が課税扱いとなるようです。 


「財形住宅貯蓄」を非課税で適格に払い出すには、建設・購入・リフォームを行う

住宅や払い出し方法などが、法令等で定められた要件を満たす必要があります。

なお、適格払い出しの要件を満たさない場合には、要件外払い出しによる解約となり、

利子等に対して課税されるとともに、5年間遡り、その間に非課税で支払われた

利子等が課税扱いとなります。

良くある質問

Q  増改築工事は、財形住宅貯蓄の払出対象になりますか

A 増改築工事は基本的に財形住宅貯蓄の払出対象となりますが、
  利子非課税の適用を受けるために費用(75万円以上)、
  住宅面積(50㎡以上)等の条件を満たす必要があります。
   その他、大規模な修繕、模様替え、床・壁の修繕、模様替え、
   耐震強化対策工事、バリアフリー対策工事、省エネルギー対策
  工事についても、条件を満たす工事内容であれば、払出しの対象と
  なります。

  詳細につきましては、取扱機関または当機構までお尋ねください。
 
  住宅財形での支払いは取り扱いをしている金融機関に概要を
  説明して聞いてみて下さい。 その際に業者の見積もりが必要だったり、
  その他の証明書類が必要と言われるかもしれません。

詳しくはこちらのサイトを参考にしていください

このように、財形住宅貯蓄で外壁塗装工事代金を支払う予定の方には、
ご自身で事前に調べなければならないことが沢山あります。
 
これまでの事例報告では、工事代金を住宅財形で支払う手続きが、
「簡単だと認識していたが、予定がいに手続きに時間がかかった」、
 工事を契約した業者が一級建築事務所でなかった為、手続きが
出来なかったなど、様々です。リフォーム業者、塗装専門業者では、
一級建築事務所でない会社の方が割合的にも多いかと思われます。
これらの書類申請の代行を請け負う業者もありますが、予想よりも
費用が高額なので、予め調べておく必要があります。

  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

株式会社アステックペイントジャパンから販売されている、無機ハイブリットコートJY-IRは、
弱溶剤形二液の屋根専用遮熱上塗材となります。主な特徴として「超耐候性」「超低汚染性」
「高硬度と柔軟性」「遮熱性」に優れ、アステックペイントの中でも最も高性能な屋根用塗材です。

フッ素を凌ぐ超耐候性機能を兼ね備える無機ハイブリッドシリーズは、フッ素樹脂塗料が15年程で、
劣化が始まるのに対して、期待耐用年数20年以上を誇り、ライフサイクルコスト大幅にを削減します。
更に、無機ハイブリッドコートJYーIRは、施工後20年以上経過しても、光沢保持率80%以上を維持
する超耐久性塗料です。※築年数及び立地条件により、期待耐用年数は併用します。
親水性発現による超低汚染性に優れたセラミック成分は、帯電しにくく、親水性に富んだ塗膜表面を
形成していますので、汚れにくく、付着した汚れも雨水によりセルフクリーニング効果を発揮します。

各塗料とも塗装後1ヶ月は、一旦汚染しますが、無機ハイブリッドコートJY-IRは3ヶ月後に汚染から

回復し始めて、1.5年後にはほとんど汚れが目立たない程度までに回復し、長期維持続します。


高硬度と柔軟性塗膜は、ガラスに及ぶ固い塗膜により傷に強く、かつ屈曲性を持つ塗料です。

強靭な塗膜でありながら、高耐久性で、建物の動きに追従し、ひび割れを起こりにくくします。


無機ハイブリッドコートJY-IRを塗布することで表面温度や室内の温度を下げる遮熱効果があります。

塗材に配合された特殊熱反射顔料が近赤外線を効率よく反射・散乱し、太陽熱の吸収を防ぐことで、

施工後の外気温が1℃上昇したにも関わらず、屋根の表面温度は約17℃下がりました。

このように、トップクラスの超耐久性を持ちながらも、「汚れにくい低汚染性」、「傷に強い高硬度」、
「建物の動きに対応する柔軟性」を持ち合わせた無機ハイブリッドコートJY-IRは業界最高水準の
高品質塗料です。工事完了後も、最長10年間のメーカー保証が更に安心できる対応製品です。


  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ

どうして壁は汚れるのでしょうか。一般的に、外壁の表面を覆う塗膜は油の性質を持っています。
そして汚れの原因になる、ホコリや排気ガスなどの汚染物質も、同じく油の性質となります。
同じ性質の同士は馴染みやすい為、壁面には次々に汚れが付着します。一度、付着した汚れは
落ちにくく、どんどんたまっていきますので築年数が経過すれば壁全体が汚れで目立ちます。
汚れが付きにくい塗料で塗り替えを希望であれば、「超低汚染性」機能を兼ね備えた塗料で、
外壁塗装工事を行えば、汚れが付きにくいので、塗装工事が完了後も、汚れを流して美しさを
長期間キープすることができます。「超低低汚染性」塗料は、水に馴染む性質(親水性)を
持っています。その為、油の性質を持つ汚染物質とは馴染まず、表面に汚れが付いてしまった
場合でも、雨水で自然に洗い流しやすくなります。各塗料メーカーの様々な超低汚染性塗料の
なかでも、日本ペイント販売株式会社から販売されている「スーパーオーデフレッシュ」は、
優れた親水性に加え、汚染物質が定着しにくいような塗膜の硬さ・緻密さとしています。
更に、塗膜の表面が帯電しにくいため、静電気を帯びた汚れも付着しにくくすることにより、
汚れにくい塗膜を形成しているのがスーパーオフレッシュの主な特徴とメカニズムになります。
超低汚染性機能塗料の効果を発揮するは、塗料の種類により異なりますが大半の塗料が、
塗った直後から、素早く安定して超低汚染性効果を発揮することができます。
補足ですが、表面塗膜の硬さを向上させると、塗膜が割れやすくなるデメリットがありますが、
弾性塗材の上塗りにも適用できる塗料は、塗膜がたわむような柔軟性を保持します。
塗膜が割れないからこそ、躯体への保護につながりますのでしなやかな塗膜が理想です。
建物の美観を保持する塗料として、汚れが付きにくい塗料での外壁塗装をお勧め致します。



  • ガイナ・断熱塗料のことならガイナビへガイナ・断熱塗料のことならガイナビへ
  • 外壁塗装をお考えなら外壁塗装.comへ外壁塗装.com
  • 雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ雨漏りでお悩みなら雨漏り110番へ
  12345678910  
0120-416-315
お問い合わせ
資料請求
このページの先頭へ