東京都23区,小平市,西東京市,小金井市,国分寺市,東久留米市,東村山市,東大和市,埼玉県内の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はカルテットへ

フッ素塗料

ファイン4Fセラミック

第四世代外壁塗装「フッ素塗料」とは

フライパン等の調理器具、または歯磨き粉などにその成分が含まれている「フッ素」。これらは、フッ素の持つ非粘着性という性質を利用したものです。
非粘着性とはつまり「あらゆるものが粘着しにくい」という性能で、あらゆる汚れ等に対して強い耐性を持つということです。
これを外壁塗料に活かしたのが、「フッ素塗料」です。
その他にもフッ素塗料には「耐薬品性」「耐摩耗性」「耐候性」「難燃性」という、塗料として最高の素質を持っており、そして実際に実用化されていました。

進化する塗料の流れ

以前のフッ素塗料の持つ、塗料として最大の弱点

しかし、フッ素には、塗料として実用する上で決定的な欠点がありました。それは「紫外線に弱い」ということです。
従来のフッ素塗料は、価格が高く、そのくせ紫外線に弱く、まさに「高いだけの塗料」でしかありませんでした。

「では、他にもたくさん性能が良い塗料があるのに、わざわざフッ素系の塗料を使う必要は無いじゃないか…」

確かにそうです。
いえ、確かにそうでした。「ファイン4Fセラミック」が出るまでは-

外壁・屋根の美しさを4フッ化フッ素の力で長期間維持「ファイン4Fセラミック」

従来のフッ素塗料に使われていたのは3フッ化フッ素(「3F」と呼ばれています)で、その分子構造には人体に悪影響のある「塩素」が含まれていました。
その塩素原子が要因となる劣化という弱点があり、これがフッ素塗料最大のネックでした。
3フッ化フッ素に含まれている塩素原子と炭素原子のつながりは非常に弱く、紫外線の影響を受けて簡単に壊れてしまうものでした。
ならば、その塩素を取り除いて、他の分子に置き換えたらいいのでは?という考えから技術開発の結果生まれたのが「4フッ化フッ素(4F)」です。
4フッ化フッ素は、塩素原子をフッ素原子に置き換えることで、紫外線の影響を受けにくくし、そして人体にも悪影響のある塩素を取り除いたものです。

外壁・屋根の美しさを4フッ化フッ素の力で長期間維持「ファイン4Fセラミック」

「ファイン4Fセラミック」で、ここまで差が出る!

塗料の革命ともいえる4Fの開発によって生まれた「ファイン4Fセラミック」は、まさに塗料界の革命児と言ってもいい程の高機能な塗料です。 従来の塗料を圧倒するその性能の比較の一例をご紹介いたします。

SMOMによる促進耐候性試験結果
外壁劣化進行図
建物の塗り替え推奨時期にみるライフサイクルコストの比較

「ファイン4Fセラミック」はこれほどの高性能を誇りながらも、サイディングボード、モルタル、鉄部等、外壁・屋根と、ありとあらゆる所に施工が可能です。
お住まいの塗り替えをご検討でしたら、是非「ファイン4Fセラミック」もその候補に加えてください。

  • 日本一わかり易い診断書
  • 受賞歴
  • 選ばれた理由
  • 価格表
  • リフォームローン
  • カルテットの色選び
  • おすすめ塗料
  • 雨漏り診断
  • キャンペーン情報
  • リフォーム工事
  • シロアリ駆除(予防)
  • 菊次郎の独り言ブログ
  • 施工管理ブログ
  • 完成現場プレイバック
  • 一年点検
  • 施工一覧
  • 外壁塗装スキルアップセミナー
0120-416-315
お問い合わせ
資料請求
このページの先頭へ