東京都23区,小平市,西東京市,小金井市,国分寺市,東久留米市,東村山市,東大和市,埼玉県内の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はカルテットへ

屋根の葺き替え工事

屋根塗装をお断りし、カバー工法・葺き替え工法をおすすめする場合があります。

カルテットでは、屋根塗装のご依頼をいただいても、
無料診断の後、お断りする場合がございます。

  • 1回目の屋根塗装で施工不良がある屋根
  • 屋根材に不良がある屋根

例えば、ニチハ株式会社が2000年ごろに発売した「パミールA」という屋根材があります。インターネットで検索すると、わかりますが、不良が多くみられる屋根材(メーカーは認めていません)です。
この屋根材が使われている屋根はカルテットでも塗装できません。
この場合、カバー工法屋根の葺き替え工事をおすすめするしかないのです。

屋根修繕の種類

屋根の修繕方法は次の4つがあります。

  • 塗装工事
  • カバー工法
  • 葺き替え工事
  • 補修工事

※葺き替え(ふきかえ)とは、古い屋根材(瓦や板)を完全に撤去して張りかえることです。

塗装工事
下地補修を行い、新しい塗料を塗装します。最近では、断熱、遮熱効果のある耐久性の高い塗料も発売されています。
カバー工法
既存の屋根を撤去せずに、そのうえから新しい屋根をかぶせる方法です。
<メリット>
屋根材が2重になるので、「断熱性」「遮音性」がアップします。
また、廃材がでないのでエコな屋根工事となります。
<デメリット>
下地はそのままなので、耐久性は葺き替えと比べてさがります。
また、屋根が2重になることで重量が重くなりますので、建物の強度や耐震性は念のため検査が必要です。
カバー工法施工前
カバー工法施工後
カバー工法施工前
カバー工法施工後
葺き替え工事
既存の屋根をすべて撤去し、新しい屋根材に張り替えます。
<メリット>
最新の金属の屋根材(瓦)は「軽い」「遮熱力UP」「30年間メンテナンスフリー」で、耐震性、節電性(エコ)、耐久性があがります。
<デメリット>
他の3種類の工事に比べると高価になります。
補修工事
(1)~(3)にまで至らない小さな工事です。痛んだ部分だけを補修します。

屋根工事のポイント

屋根の塗装や葺き替え工事を行う場合のポイントは、
「屋根塗装」がよいか?
「カバー工法」がよいか?
「屋根の葺き替え」がよいか?
無料診断時にどの工法が良いかを的確に判断してくれる業者を選別することが大切です。

カルテットでは、この3つの工事すべてに実績があります。

無料診断の後、日本一わかり易い診断書で、最適な工事をご提案します。

カルテットでは、一般社団法人日本屋根診士協会に登録しております。

カルテットでは、屋根に関する確かな知識と技術を持った屋根診断士として、一般社団法人 日本屋根診断士協会に登録させて頂いております。
訓練と実績を積んだ屋根の専門家としてもお住まいの屋根について正しく診断・施工致します。

  • 日本一わかり易い診断書
  • 受賞歴
  • 選ばれた理由
  • 価格表
  • リフォームローン
  • カルテットの色選び
  • おすすめ塗料
  • 雨漏り診断
  • キャンペーン情報
  • リフォーム工事
  • シロアリ駆除(予防)
  • 外壁塗装スキルアップセミナー
  • 施工管理ブログ
  • 一年点検
  • 施工一覧
0120-416-315
お問い合わせ
資料請求
このページの先頭へ